要約筆記 ひこばえタイトル
トップページへ
要約筆記について
要約筆記の申請方法
ひこばえの概要
お問合わせ
リンク
すべての記事

TEL/FAX
088-669-0690
平成29年度ひこばえ定期総会 2017/04/19


4月16日に29年度の定期総会が開かれました。
昨年度は依頼が多く派遣活動は多忙でしたが、一人ひとりの八面六臂の活躍で乗り切りました。
依頼の多さは事業報告の数字にも表れています。
障害者差別解消法や県条例の施行によるところが大きいですが、合理的配慮の提供は今後も増加するだろうから、派遣依頼も増えるに違いありません。

総会後は美味しいお弁当を味わい、午後は講演会でした。
テーマは「異文化コミュニケーション」
講師は、ハワイ出身で現在は那賀町和食にお住まいの東條アイリーンさん。
4児の母であり英会話講師や翻訳の傍ら、地域おこし活動にも関わっておられます。
ハワイと徳島の気候風土、食べ物、言語などが違えば、文化も価値観も大いに変わることを、たくさんの写真を見ながら興味津々で聞きました。
例えば、アメリカ本土のホームレスは常夏のハワイへ移送されるとか、
学校で床に座って(体育座りのこと)話を聞くときは、女子でもあぐらをかくのが行儀が良いとか、
教科書は学校の備品としてあるので個人で所有しなくてよいとか。
4人の子供は皆ハワイ生まれで、徳島へ来て苦労したのは阿波弁だそうです。
でもコミュニケーションは非言語部分が多くを占めるので、お子様達はきっと
身振り手振りで日常のコミュニケーションを図っていることでしょう。
機会があれば今日の続きを聞かせていただきたいものです。



♪伝えたくて♪(Youtubeへのリンクです)
ひこばえ会員による作詞 作曲 ギター弾き語り。要約筆記活動の写真とともにお聴きください。

2017/04/01 月刊ひこばえ4月号
2017/02/28 月刊ひこばえ3月号
2017/02/21 趣味の一コマ♥チョウの冬越し観察会
2017/01/31 月刊ひこばえ2月号
他一覧へ
ひこばえとは、伐採された切り株など樹木の根元から生えてくる新芽のことで、新芽は年数かけて成長します。再び薪等として利用されることもあります。
 
一度切り倒された木から力強く伸びつづけるこの新芽のように、生命力あふれて生きていこうという意味を込めて当法人名にもつけました。


Copyright(c)2011  NPO法人ひこばえ Rights Reserved